PR

ニュース 国際

在日米軍のシュナイダー新司令官「日米同盟発展へ努力」

Messenger
在日米軍司令官に就任したケビン・シュナイダー中将=2019年2月5日、横田基地(平田雄介撮影)
在日米軍司令官に就任したケビン・シュナイダー中将=2019年2月5日、横田基地(平田雄介撮影)

 在日米軍トップの司令官にケビン・シュナイダー中将が5日就任し、横田基地(東京都)で開かれた指揮権交代式で「日本政府や自衛隊と協力し、日米同盟を発展させるために最高の努力をする」と抱負を語った。

 シュナイダー氏は1988年に空軍士官学校を卒業。戦闘機パイロットとして三沢基地に勤務した後、米中央軍第380航空遠征航空団司令官やインド太平洋軍参謀長などを歴任した。司令官として陸海空三軍と海兵隊など計約5万4千人を率い、日本防衛支援などの任務にあたる。

 前任のマルティネス中将は米国へ帰還後に退役する予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ