PR

ニュース 国際

トランプ大統領、在韓米軍の撤収「計画なし」

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は3日放映されたCBSテレビとのインタビューで、朝鮮半島情勢に関し、在韓米軍の撤収を「計画していないし、撤収に向けた協議をしたこともない」と述べた。

 米国内では、トランプ氏が2月末に予定される2度目の米朝首脳会談で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に譲歩する形で在韓米軍の縮小や撤収に応じる恐れがあるとの懸念が出ている。トランプ氏の発言は、こうした懸念の一掃を図る狙いがあるとみられる。

 一方で、トランプ氏は、米軍を韓国に駐留させ続けるのは「多額のカネがかかる」とも語った上で、「いつかは(縮小や撤収も)あり得る」とも指摘した。

 トランプ氏は米朝首脳会談の場所と日程について、5日の一般教書演説またはその直前に明らかにするとの見通しを明らかにした。実施場所はベトナム中部ダナンが有力視されている。

 さらに、コーツ国家情報長官が議会で北朝鮮の核放棄に悲観的な分析を明らかにしたのに対し、「彼はそう考えていて、その可能性も確かにあるが、(非核化で)合意できる公算は十分にある」と強調。また、「金正恩氏は北朝鮮を経済大国に変えるチャンスがあるが、核兵器を保有したままでは不可能だ」とし、北朝鮮に全面非核化を改めて要求した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ