PR

ニュース 国際

ローマ法王がイスラム教多数のUAE訪問 アラビア半島で初

Messenger
アラブ首長国連邦の首都アブダビの空港に到着したローマ法王フランシスコ(左)=3日(ロイター)
アラブ首長国連邦の首都アブダビの空港に到着したローマ法王フランシスコ(左)=3日(ロイター)

 ローマ法王フランシスコは3日、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビを訪問した。バチカンによると、歴代法王でイスラム教の発祥地であるアラビア半島にある国を訪れたのは初めて。5日までの滞在期間中、約13万5千人が参列する見込みの大規模な野外ミサも計画されている。

 UAEの国民の多数はイスラム教スンニ派。バチカンによるとキリスト教徒は国民の1割に当たる約90万人で多くが移民とされる。法王は宗教や民族の違いを超えた対話促進を訴えている。

 法王は4日、イスラム教の指導者らと宗教間会合を行い、演説する。ミサは5日にスポーツスタジアムで行われ、スタジアムの外でも画面で見られる。近隣諸国の信者らも参列する見通し。UAEではキリスト教徒のミサは通常、私的な場所で行われるという。

 ロイター通信によると、法王は3日、アブダビへの出発前にバチカンで演説し、UAEがサウジアラビアと共に暫定政権を支援するイエメン内戦の終結を呼び掛けた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ