PR

ニュース 国際

【劇場型半島】日韓対立に便乗、北朝鮮が狙う「冠のひも」戦術とは

Messenger

 安倍首相が年頭に拉致問題解決に全力を尽くすと表明したことに対しては、朝鮮中央通信が論評で「安倍がわめく『拉致問題』なるものは既に久しい前に解決された」と抗弁した。

 徴用工問題などを念頭に「過去、日帝(日本帝国)がはたらいた朝鮮人拉致・強制連行蛮行は日本の最も代表的な拉致犯罪だ」と強調し、「安倍の妄言は『拉致問題』を口実として過去の犯罪を覆い隠し、その清算を回避しようとする破廉恥かつ卑劣な術策の表れ以外の何ものでもない」と非難した。

「1本切れれば韓国は崩れる」

 日本と北朝鮮は、2002年に当時の小泉純一郎首相と金正日(ジョンイル)総書記が署名した日朝平壌宣言で、日本の朝鮮半島統治に絡む両国と両国民の「財産および請求権を相互に放棄する基本原則」を確認し、国交正常化交渉で経済協力策を話し合うことで一致した。

 日本と韓国が1965年に結んだ請求権協定にならった形だ。だが、韓国最高裁が元徴用工らの請求権を認め、日本企業に賠償を命じた結果、協定の根幹が揺らいだ。北朝鮮がその機に乗じ、将来の日本との交渉で「もっとカネをとれる」と踏んで揺さぶりをかけたとしても不思議ではない。

 ただ、思惑はそれだけにとどまらないようだ。金日成氏は72年に大学の卒業式の演説で、韓国と日米の関係を冠とそれを頭に固定するひもに例え、「南朝鮮(韓国)政権は米国、日本という2本のひものうち、一本だけでも切れると、冠が飛ばされるように崩れてしまう」と説いたとされる。この「冠のひも」戦術で日本か米国と韓国を離反させられたときを「赤化統一」の好機とみたのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ