PR

ニュース 国際

プーチン露大統領、INF条約の履行停止 新兵器開発も指示

Messenger
中距離核戦力(INF)全廃条約
中距離核戦力(INF)全廃条約

 【モスクワ=小野田雄一、ワシントン=黒瀬悦成】ロシアのプーチン大統領は2日、トランプ米政権がロシアとの中距離核戦力(INF)全廃条約破棄を発表したことを受け、ロシアも条約の履行義務を停止すると述べた。イタル・タス通信が伝えた。プーチン氏は「米国がINFを配備しない限り、ロシアはINFを展開しない」としながらも、米国に対抗して新たな極超音速の中・短距離ミサイル開発に着手するなどと表明。早くも6カ月後のINF条約失効をにらんださや当てが始まっている。

 トランプ米大統領は1日、記者団に「全ての核保有国を集めて新しい条約を結ぶ方が(米露2国間よりも)はるかにましだし、見てみたい」と述べ、中国などを巻き込んだ新たな核軍縮の枠組み作りに意欲を示した。

 トランプ氏は「条約は全ての国が順守しなければならないが、一部の国は条約など存在しないかのような振る舞いをする」とロシアのINF条約違反を批判。「全ての国が同意する新条約ができても、他国が条約を守らない一方で米国の行動が制限され、不利な立場に陥ることがあってはならない」とも強調した。

 また、トランプ政権では1日、高官が電話記者会見で、条約が6カ月後に失効するまでの期間が「ロシアが条約を順守する唯一にして最後のチャンスだ」と訴えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ