PR

ニュース 国際

露、反発も本音したたか INF全廃条約破棄 対中牽制可能に

Messenger
報道陣などに公開されたロシアの新型ミサイル「9M729(NATOの呼称はSSC8)」=1月23日、モスクワ近郊(ロイター)
報道陣などに公開されたロシアの新型ミサイル「9M729(NATOの呼称はSSC8)」=1月23日、モスクワ近郊(ロイター)

 【モスクワ=小野田雄一】米国がINF全廃条約の破棄方針を示して以降、ロシアのプーチン政権は自らの条約違反を否定して米国を批判し、条約維持を訴えた。ただ、中国が条約に縛られずに中距離ミサイルを開発していることへの懸念は米国と共有する。ロシアは、条約失効の責任を米国に押しつけつつ、配備が可能になるINFを対中牽制(けんせい)などに利用するしたたかな本音を抱いている。

 ロシアは、米国が問題視する新型の地上発射型巡航ミサイル「9M729」について、射程は480キロで条約の対象外だと主張。逆に、米国が欧州で配備を進めているミサイル防衛(MD)システムは「攻撃に転用可能であり、条約違反だ」などと反発した。

 米国が欧州にINFを配備した場合、ロシアは対抗策を取らざるを得ない。その財政負担を避けたいというのが本音の一つだ。同時に、ロシアはすでに、条約が対象としない航空機発射型や海中・海上発射型のINFを有しており、条約失効の影響は限定的だとの見方も強い。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ