PR

ニュース 国際

EPAで保護主義に対抗 欧州委員長が声明

Messenger

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)の2月1日発効に際し、EUのユンケル欧州委員長は1月31日、「欧州と日本は世界に対し、開かれた公正な貿易の未来についてのメッセージを送っている。日欧はこれまでになく近い存在となる」とする声明を発表した。巨大な自由貿易圏の創設により、トランプ米政権による保護主義的な動きに対抗していく決意を表明した。

 ユンケル氏はまた、EPAは貿易関税や割当量だけなく「価値観や原則、公正さ」をうたっていると指摘し、EPAを基礎に地球環境や持続可能な開発、労働者や消費者の保護など、貿易に付随するさまざまな問題に日欧で取り組む姿勢を強調した。

 日EU交渉を率いたEUの通商担当閣僚に当たるマルムストローム欧州委員は、地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」の履行が、世界で初めて貿易協定に盛り込まれたことを「誇りに思う」と述べた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ