PR

ニュース 国際

米中の討議初日、冒頭に談笑も

Messenger
貿易協議に臨むライトハイザー米通商代表部代表(右から2人目)と中国の劉鶴副首相(左から2人目)ら=30日、ワシントン(ロイター)
貿易協議に臨むライトハイザー米通商代表部代表(右から2人目)と中国の劉鶴副首相(左から2人目)ら=30日、ワシントン(ロイター)

 【ワシントン=塩原永久】米国と中国の両政府は30日、米首都ワシントンで貿易問題に関する閣僚級協議の初日の討議を行った。協議は31日までを予定。31日にはトランプ米大統領と劉鶴副首相の会談が予定されている。

 この日は冒頭、米側代表の通商代表部(USTR)のライトハイザー代表と、中国交渉団を率いる劉副首相が談笑する場面もあった。USTRはツイッターで、両国の交渉団が向き合って座る写真を紹介。双方が「通商関係について議論を続ける」と投稿した。

 初日は米政権からロス商務長官やナバロ大統領補佐官(通商問題担当)が参加。中国側は中央銀行である中国人民銀行の易綱総裁らも出席した。

 2日間の協議では、米政権が問題視する中国の不公正な貿易取引の是正や、貿易不均衡の解消策について、3月1日までの交渉期限内に両国が合意に達する道筋を描けるかが焦点だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ