PR

ニュース 国際

【ソウルからヨボセヨ】日本にかまってほしい?!

Messenger
施政方針演説する安倍晋三首相=28日午後、衆院本会議場(古厩正樹撮影)
施政方針演説する安倍晋三首相=28日午後、衆院本会議場(古厩正樹撮影)

 28日の施政方針演説で日韓関係に触れなかった安倍晋三首相を、韓国メディアは複雑な思いで見ている。夕方のニュースで女性アナウンサーは「安倍首相が意図的に韓国から顔を背けました」と強調。翌29日付の韓国各紙は1面で「安倍、韓国外し」やら「安倍、施政演説から韓国をまるごと省く」との見出しを載せて報じていた。

 いずれも、いわゆる元徴用工訴訟での韓国最高裁による確定判決や、韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射を理由にした安倍首相の「意図的な韓国への言及忌避」とみなしており、またしても日韓関係悪化の“張本人”扱いだ。

 厚生労働省の勤労統計不正調査問題、消費税増税、ロシアとの領土問題の解決と平和条約締結交渉、皇位継承、米軍普天間飛行場の移設やら、安倍首相はやるべきことが多いのだろう。韓国にだけかまっているわけにはいかない。

 それでも、中国とは「首脳間の往来を重ね、日中関係を新たな段階へと押し上げる」と述べたこととも比較し、韓国メディアは動揺を隠せない。「極右」「日本右傾化を主導」などと韓国メディアが“悪役”に仕立て上げた安倍首相から、韓国批判でも聞きたかったのだろうか。とにかく日本にかまってもらわないと、韓国は落ち着いていられないようだ。(名村隆寛)

▼【関連ニュース】日本の「納豆」なぜか韓国で人気…3年で3倍

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ