PR

ニュース 国際

比の大聖堂で爆発、20人死亡 自治政府反対の州

Messenger
27日、爆発があったフィリピン・ホロ島の大聖堂内部(フィリピン軍提供・共同)
27日、爆発があったフィリピン・ホロ島の大聖堂内部(フィリピン軍提供・共同)

 フィリピン南部スルー州ホロ島にあるカトリックの大聖堂で27日朝、爆発が2回あり、警察によると市民15人と軍の兵士5人の計20人が死亡、80人以上が負傷した。21日に実施されたイスラム自治政府への参加を問う住民投票の結果に不満を持つ勢力による犯行の可能性があり、軍と警察が捜査に乗り出した。

 スルー州を含む5州と2市では21日、2022年に樹立されるイスラム自治政府に参加するかどうかを問う住民投票が実施された。スルー州単独では反対票が上回ったが、賛成票が多数となった5州全体の結果が優先される仕組みのため、スルー州も参加することが決まっている。

 警察によると、日曜のミサが行われていた大聖堂内で1回目の爆発が起きた。軍と警察が駆け付けたところ、大聖堂の外に駐車中のバイク付近で2回目の爆発が発生。手製爆弾とみられ、ミサ参加者と救護に向かった兵士が犠牲になった。

 スルー州が含まれるスルー諸島は、あくまでも独立を主張し自治政府樹立に反対しているとみられるイスラム過激派、アブサヤフが活動拠点としている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ