PR

ニュース 国際

「日本側が相応の資料提示を」韓国国防省が反論

Messenger

 【ソウル=名村隆寛】韓国国防省が24日に公開した、海上自衛隊哨戒機が韓国海軍艦艇に「低空威嚇飛行」をした際に撮影したという画像を、「事実と異なっている」と日本政府が反論したことに対し、韓国国防省報道官は25日、「韓国が公開したレーダー情報が証拠にならないと思うなら、日本側が相応の資料を示すべきだ」と述べた。

 韓国メディアなどに語ったもので、聯合ニュースによると報道官は、海自機が脅威を感じたとの日本の主張について「韓国の軍艦が近寄ったわけではない」と語ったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ