PR

ニュース 国際

人類滅亡まで「あと2分」 米誌が終末時計発表

Messenger
終末時計の時刻を残り2分と発表する米誌関係者ら=24日、ワシントン(共同)
終末時計の時刻を残り2分と発表する米誌関係者ら=24日、ワシントン(共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米誌「ブレティン・オブ・アトミック・サイエンティスツ」は24日、核戦争の脅威などを評価して人類滅亡まで残された時間を比喩的に示す恒例の「終末時計」の時刻を昨年と同じ「残り2分」と発表した。

 「残り2分」は東西冷戦下の米国と旧ソ連が水爆実験を繰り返していた1953年と並び過去最短。

 同誌は、核戦争や気候変動に加え、サイバー攻撃を駆使した情報操作や偽ニュースの流布などにより、人類が地球を滅ぼす危機がこれまでになく高まっていると説明した。

 また、米朝首脳が昨年、北朝鮮の非核化をめぐり初の首脳会談を行い、朝鮮半島の緊張はやや緩和されたものの、北朝鮮の核戦力は依然、重大な脅威であると指摘。ロシアが中距離核戦力(INF)全廃条約違反のミサイル開発と配備を行ったのを受け、同条約が破棄の危機にさらされていることが評価に反映されているとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ