PR

ニュース 国際

中国、豪州作家の拘束を公表 「国家安全に危害」容疑で

Messenger
ヤン・ヘンジュン(楊恒均)氏(ロイター)
ヤン・ヘンジュン(楊恒均)氏(ロイター)

 【北京=西見由章】中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は24日の記者会見で、北京市国家安全局が、国家安全に危害を与えた疑いで中国出身のオーストラリア人作家、ヤン・ヘンジュン(中国名・楊恒均)氏(53)を拘束したと発表した。容疑の具体的な内容については明らかにしていない。

 オーストラリア紙、シドニー・モーニング・ヘラルド(電子版)によると、ヤン氏は19日、妻子とともに米ニューヨークから広東省広州の空港に到着後、中国当局者に拘束された。上海に向かう予定だったという。

 ヤン氏は中国湖北省出身。中国外務省や海南省政府で勤務後、2000年にオーストラリア国籍を取得した。その後、スパイ小説を出版し、ブログなどで中国政治に関する評論活動も行っていた。11年に中国を訪問した際、数日間行方不明になったこともある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ