PR

ニュース 国際

自衛隊哨戒機の「威嚇飛行画像」などを公開 韓国国防省

Messenger
24日、韓国国防省が公開した画像。赤外線カメラで撮影され、艦艇からの距離は約540メートルとの説明がつけられている(共同)
24日、韓国国防省が公開した画像。赤外線カメラで撮影され、艦艇からの距離は約540メートルとの説明がつけられている(共同)

 【ソウル=名村隆寛】韓国国防省は24日、韓国が管轄権を主張する東シナ海の暗礁、離於島(イオド)の付近で23日に海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍艦艇に低空接近し「威嚇飛行」をしたとする際に撮影したという画像などを公開した。

 公開画像は5枚で、うち赤外線カメラで撮られたものが2枚。レーダーが測定したという哨戒機の高度が記された画像も含まれている。同省関係者は「機械は嘘をつかない」と話し、韓国側の主張を裏付ける「証拠画像」だと自信を示している。

 ただ、海自のP3C哨戒機とみられる航空機が写った画像には、海面が入っておらず、この画像からは「哨戒機は高度約60~70メートルまで接近した」という韓国側の主張が正しいことを立証できない。しかし、国防省は赤外線画像で証明できるとしている。日本は「高度150メートル以上を確保していた」(岩屋毅防衛相)としており、双方の主張は食い違っている。

 国防省は当初、映像を公開する予定だったが画像公開とし、「節制した対応を取った」(関係者)と説明している。

 国防省の前日の「威嚇飛行」の発表を受け、韓国では24日、「友好国を狙った低空での接近威嚇飛行、日本はさらに超えてはならない」(朝鮮日報)などと、日本を批判する主張が続出している。

 結局、韓国政府は世論に押されるかたちで日本を非難し、日本の反発を招くことを承知の上で画像公開に踏み切った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ