PR

ニュース 国際

関係改善促す河野氏、国内アピールに躍起の韓国外相

Messenger
会談前に韓国の康京和外相(右)と握手する河野外相=23日、スイス・ダボス(共同)
会談前に韓国の康京和外相(右)と握手する河野外相=23日、スイス・ダボス(共同)

 スイス・ダボスで23日に開かれた日韓外相会談は、悪化の一途をたどる日韓関係を少しでも改善しようと河野太郎外相が呼びかけて開催された。しかし韓国の康京和(カンギョンファ)外相は冒頭、日本の哨戒機が韓国艦艇に「威嚇飛行」したと発表した韓国国防省を援護射撃する形で、強い遺憾の意を示した。日韓関係よりも国内向けアピールに躍起だった。

 「大変閉口し、遺憾に思っている」

 康氏は、報道陣がいる会談の冒頭、「威嚇飛行」を積極的に持ち出してきた。

 河野氏も応酬するしかなかった。韓国側の発表を否定するとともに「韓国側の発表は遺憾だ」と反論。「冷静かつ適切な対応を求める」と促した。

 また河野氏は、いわゆる徴用工をめぐる韓国最高裁判決に関し、日本政府が日韓請求権協定に基づき要請した協議に韓国が応じるよう求めた。韓国外務省によると、康氏は「韓日関係の未来志向的な発展に向けた努力を阻害することがないよう、両外交当局が知恵を集めていこう」と発言した。しかし、「知恵」を示すことはなかったようだ。

 「日韓関係は非常に厳しい状況にあるからこそ直接、顔を合わせて意見交換することが必要だ。日韓間の困難な問題について率直に意見交換したい」

 康氏は、河野氏が提案した「意見交換」に対し、なすべきことはなさずに被害意識だけはむきだしにする言動に終始した形だ。文在寅(ムンジェイン)外交がまひしていることを改めて印象づけた。(原川貴郎、ダボス 小川真由美)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ