PR

ニュース 国際

英首相、代替策表明 3月末離脱の延期求める動議も

Messenger

 【ロンドン=岡部伸】英国のメイ首相は21日、欧州連合(EU)と合意した離脱協定案が英下院で15日に否決されたことを受け、下院で代替策となる今後の方針について表明した。EUからの離脱を断念すべきではなく、3月29日の離脱延期は困難との考えを示した。アイルランドとの国境問題で当初の離脱案に盛り込まれた英国がEUの関税同盟に残留するとの条項(安全策)について修正協議を行う方針を示した。

 英BBC放送などによると、複数の与野党議員が代替策への反対を見据えて「3月末の離脱を延期」との動議を出す準備を進めているという。

 EU内では、代替策も進まなければ世界経済に混乱をもたらす「合意なき離脱」の恐れが高まるため、離脱日の延期を容認する意見も出ている。

 ただ、EU側は交渉に応じない姿勢で、離脱日を延期したとしても、与野党議員の批判が集中する安全策の解決につながるかは不透明だ。

 代替策で与野党の理解を得られる中身を示すことができなければ、再び否決される可能性が高い。

 合意なき離脱に関しては、英最大野党の労働党のコービン党首が反対姿勢を強めている。コービン氏は、合意なき離脱の可能性を排除しないメイ氏に反発し、呼びかけられた協議を拒否してきた。一方、メイ政権内の強硬離脱派には、合意なき離脱が混乱を回避したいEUに対する「交渉カード」になるとの声もある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ