PR

ニュース 国際

中国、対米黒字ゼロ提案か 報道 24年までに計1兆ドル輸入増

Messenger

 【ワシントン=塩原永久】米ブルームバーグ通信は18日、中国が米国からの輸入額を2024年までの6年間で計1兆ドル(約110兆円)以上増やし、同年までに貿易黒字を解消させる案を米国側に示したと報じた。貿易不均衡の是正を求める米政権との対立緩和を狙うが、米政権内には大規模な輸入増の実現に懐疑的な見方があるという。

 クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は18日、「米中協議はこれまでで最大級の進展を遂げている」と記者団に話した。クドロー氏は、協議の対象が広範な分野に及んでいると述べる一方、「合意到達には時間がかかる」と語った。ロイター通信が伝えた。

 ブルームバーグの報道では、中国政府は18年に1550億ドルだった対米輸入額(中国側統計)を19年にまず2千億ドルに拡大。さらに24年までに年間6千億ドル規模にまで増やすという。

 米中両政府は昨年12月の首脳会談で、米国産の農産物やエネルギーの購入拡大策や、中国が取り組む構造改革を3月1日までに具体化することで一致した。

 対米黒字解消の中国側の提案は、今月上旬の次官級協議で米国側に伝えられたという。今月末には閣僚級会合が予定されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ