PR

ニュース 国際

露戦闘機が間宮海峡に墜落 暴風下の訓練中に接触

Messenger
2017年6月15日、モスクワ郊外で開かれた航空ショーで披露されたスホイ34戦闘爆撃機(タス=共同)
2017年6月15日、モスクワ郊外で開かれた航空ショーで披露されたスホイ34戦闘爆撃機(タス=共同)

 ロシア国防省は18日、日本海上で訓練していたスホイ34戦闘爆撃機2機が接触し、1機がサハリン島とロシア本土に挟まれた間宮海峡(ロシア名タタール海峡)に墜落したと発表した。墜落機の操縦士2人は脱出し、海上を漂流していたところをロシア軍に救出された。

 インタファクス通信によると、もう1機はエンジンが損傷したが飛行を続け、ハバロフスク地方のフルバ空軍基地に帰還した。

 事故を起こした2機は東部軍管区の極東防空軍の爆撃部隊所属。タス通信によると、暴風の中で訓練をしていたが、何らかの操縦ミスが原因で接触したとみられる。

 タスによると、スホイ34は昼夜問わず、あらゆる気象条件下で敵の地上施設や航空機を破壊する役目を負っている。航続距離は最長4千キロ、最高速度は時速1900キロ。(モスクワ 共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ