PR

ニュース 国際

トランプ氏、ペロシ下院議長の外遊を取りやめさせる

Messenger

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は17日、メキシコ国境の壁建設予算の計上問題で対立する民主党のペロシ下院議長に書簡を送り、ペロシ氏が同日から予定していた海外歴訪を直前で延期させた。同問題に起因する連邦政府機関の一部閉鎖がこの日で27日目に入る中、トランプ氏は「(自身の)宣伝が目的の歴訪など延期が適切だ」と主張し、「政府機関が再開されたら日程を改めて調整する」とした。

 ペロシ氏はこれに先立つ16日、自身が29日に設定したトランプ氏の一般教書演説を政府機関の再開まで延期するよう求める書簡を送っており、これに反発したトランプ氏が意趣返しを行ったとみられている。

 ペロシ氏は7日間の日程でベルギーのブリュッセルとエジプト、アフガニスタンの歴訪を予定していた。

 下院議長や議員団が海外を訪れる際は米軍の航空機や車両を利用するが、トランプ氏はこれらの便宜供与を禁止。書簡では「民間機で行きたいのなら、その権利はある」とする一方、「ワシントンに残って私と交渉し、政府機関の閉鎖を終結させるため国境警備強化を目指す動きに同調すべきだ」とペロシ氏を挑発した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ