PR

ニュース 国際

英下院、内閣不信任案否決 政権交代回避に与党結束

Messenger
メイ内閣に対する不信任決議案の採決後に発言するメイ英首相=16日、ロンドン(ロイターテレビから)
メイ内閣に対する不信任決議案の採決後に発言するメイ英首相=16日、ロンドン(ロイターテレビから)

 英下院(定数650)は16日夜(日本時間17日未明)、メイ内閣に対する不信任決議案を反対325、賛成306で否決した。総選挙や政権交代などの混乱を恐れた与党が結束、メイ首相の続投が決まった。だが15日に下院で否決された欧州連合(EU)との離脱合意案の対案をまとめるのは容易でなく、道のりは険しい。

 採決後、メイ氏は下院で「責任を重く受け止める」と述べる一方「(国民投票で国民が決めた)離脱を成し遂げるため、議員らと協力する用意がある」と強調。各党幹部らと協議し、21日に今後の対応方針を表明する考えを示した。

 不信任決議案の採決には下院の正副議長らを除く議員が参加。保守党の314人に加え、メイ政権を閣外から支える英領北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)の10人全員、無所属議員1人が反対票を投じ、信任の意を示した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ