PR

ニュース 国際

ラブロフ氏「大きな隔たり」 日露平和条約交渉、本格開始

Messenger
河野太郎外相(手前左)と会談するロシアのラブロフ外相(奥右)=14日、モスクワ(ロイター)
河野太郎外相(手前左)と会談するロシアのラブロフ外相(奥右)=14日、モスクワ(ロイター)

 【モスクワ=力武崇樹、小野田雄一】ロシアを訪問中の河野太郎外相は14日(日本時間同)、モスクワ市内でロシアのラブロフ外相と会談し、安倍晋三首相とプーチン大統領の首脳会談を22日にモスクワで開催することで一致した。会談後、ラブロフ氏は記者会見で「南クリール諸島(北方領土のロシア側呼称)は第二次大戦の結果としてロシア領になったことを日本が認めない限り、領土交渉の進展は期待できない」と発言した。河野氏は「会談で日本側の主張を明確に伝えた」と記者団に述べた。

 河野、ラブロフ両外相の会談は、安倍首相とプーチン氏が両外相を平和条約締結の「交渉責任者」に指名して初めて。

 ラブロフ氏は記者会見で、河野氏との交渉について「両国には大きな隔たりが残っているが、関係正常化を望む両国首脳の意思に基づき対話を強化する」と述べた。安倍首相が北方領土返還を前提にロシア人住民に帰属変更の理解を求める趣旨の発言をしたことには「受け入れがたい」と批判した。北方領土の引き渡しが実現した場合の主権の扱いは「議論されなかった」と述べた。

 また、ラブロフ氏は会談で、日露両国の査証(ビザ)制度の撤廃を求め、第1段階としてロシア極東サハリン州と北海道の間でのビザ無し渡航を提案したことを明らかにした。

 河野氏はラブロフ氏との次回会談を2月にドイツ・ミュンヘンで開かれる国際会議に合わせて調整していることを明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ