PR

ニュース 国際

トランプ氏、クルド人勢力攻撃なら「トルコを経済的に破滅させる」

Messenger
執務中のトランプ米大統領=8日、ホワイトハウス(AP)
執務中のトランプ米大統領=8日、ホワイトハウス(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は13日、シリアでイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦を展開していた米軍部隊が撤収を始めたことに関連し、トルコがIS掃討で米軍と共闘していたクルド人勢力を攻撃した場合は「トルコを経済的に破滅させる」とツイッターで警告し、トルコの対応次第では経済制裁も辞さない立場を表明した。

 トランプ氏は一方で、クルド人勢力にも「トルコを挑発してほしくない」と述べ、米国からのクルド人勢力の攻撃自粛要請に反発するトルコのエルドアン大統領にも配慮を示した。

 また、米軍主導のIS掃討作戦に関し、米軍は撤収作業を進める一方、有志連合勢力とともに残されたIS支配地域を「多方面から猛攻撃する」と指摘。米軍が支援するクルド人勢力主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)の報道担当は13日、ロイター通信に「ISは最期を迎えつつある」と述べ、作戦は最終段階にあると強調した。

 トランプ氏はさらに、「仮にISが復活したとしても、(近隣諸国にある)既存の米軍基地から再び攻撃する」とし、シリアからの米軍撤収による影響を最小限に抑える姿勢を打ち出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ