PR

ニュース 国際

台湾で日本語世代の交流会が解散

Messenger
台日交流連誼会の最後の会合で、戦前・戦後の思い出を語る元ラジオ司会者の周進升さん=12日、台湾中部・台中市(田中靖人撮影)
台日交流連誼会の最後の会合で、戦前・戦後の思い出を語る元ラジオ司会者の周進升さん=12日、台湾中部・台中市(田中靖人撮影)

 【台中=田中靖人】台湾の台中市で、戦前の日本統治時代に教育を受けた「日本語世代」の人々が約20年間、日本語で毎月交流してきた「台日交流連誼会」が高齢化による会員減少で解散することになり、最後の会合が12日、開かれた。

 台湾では戦後、1987年まで続いた戒厳令下で、公の場で日本語の使用が禁止された。同会は99年、日系企業の社員だった喜早天海(きそう・たかひろ)さんが世話人になり発足。多い時には元特攻隊員ら50人を超す参加者がいたが、死去や健康状態の悪化で20人以下に減り、毎月の開催が難しくなった。

 元ラジオ司会者の周進升(しゅう・しんしょう)さん(85)は戒厳令下で日本の演歌を放送し、当局から処分を受けたこともある。周さんは日本時代を「秩序ある社会だった」と振り返り、医師の劉啓栄(りゅう・けいえい)さん(82)は「修身で学んだ教訓は今も忘れない」と懐かしんだ。主婦の施碧珍(し・へきちん)さん(84)は「日台の懸け橋でもある有意義な集まりだった。平成の最後の年に一段落となり感慨深い」と話した。

 台北市では日本語で短歌を詠む会などが、なお続いている。だが、台中市での今回の解散は、台湾の日本語世代を取り巻く環境の難しさを象徴する出来事となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ