PR

ニュース 国際

金正恩氏、習近平氏と会談 問題解決へ「歴史的な好機」

Messenger
北京の人民大会堂で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と中国の習近平国家主席=8日(新華社=共同)
北京の人民大会堂で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と中国の習近平国家主席=8日(新華社=共同)

 【北京=藤本欣也】中国国営新華社通信は10日、習近平国家主席が8日、北京で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談し、第2回米朝首脳会談の開催への支持を表明、金氏も「成果を挙げるために努力する」と述べたと報じた。調整中の米朝首脳会談が開催に向けて大きく前進した形だ。

 また、北朝鮮の国営メディアは10日、習氏が金氏からの招請を受け、訪朝計画を伝えたと報じた。

 新華社によると、習氏は人民大会堂で行われた金氏との会談で、両国は昨年、「中朝友好の強大な生命力を行動でもって示した」と評価。両首脳は今年、国交樹立70周年を迎える中朝関係を一層強化することで合意、戦略的な意思疎通を推進する方針を確認した。

 習氏は朝鮮半島問題について、政治的解決に向け「歴史的な好機に直面している」とした上で、米朝首脳会談の開催を支持するとし、米朝双方が歩み寄るよう求めた。

 これに対し、金氏は「引き続き非核化の立場を堅持して、対話により朝鮮半島問題を解決し、第2回朝米首脳会談が、国際社会が歓迎する成果を挙げるために努力する」と強調。関係各国が北朝鮮の「合理的な懸念」を重視して積極的に応じるよう求め、対北制裁の緩和を国際社会に促した。

 また、金氏はこれまでの4回にわたる中国訪問を通じ、「中国経済の発展に深い印象を受けた」と指摘。中国の発展の経験は貴重であり、今後一層の現地視察・交流を希望すると述べた。習氏は、「経済発展と国民生活の改善に精力を集中する」という金氏の「新戦略路線」への断固とした支持を表明した。

 会談後、晩餐(ばんさん)会が行われ、金氏夫妻は習氏夫妻のもてなしを受けた。

 金氏は9日、北京の製薬工場を視察した後、老舗ホテルの北京飯店で習氏と会い、昼食を共にした。

 9日に特別列車で北京を離れた金氏は10日、帰国したとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ