PR

ニュース 国際

金正恩氏、習主席と会談 誕生日の祝宴も

7日、訪中のため平壌で列車に乗り込み手を振る北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の映像。朝鮮中央テレビが8日放映した(共同)
7日、訪中のため平壌で列車に乗り込み手を振る北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の映像。朝鮮中央テレビが8日放映した(共同)

 【北京=藤本欣也】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が7日から4度目となる中国訪問を開始し8日、特別列車で北京に到着した。人民大会堂で習近平国家主席と会談し、第2回米朝首脳会談の開催をめぐり意見調整を行ったもようだ。8日は金氏の35歳とされる誕生日に当たり、中国側が祝宴を開いたとみられる。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は8日、金氏が7日午後、訪中のため特別列車で平壌を出発したと報道。李雪主(リ・ソルジュ)夫人のほか、妹の金与正(キム・ヨジョン)第1副部長や対米交渉に当たっている金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長、外交を統括する李洙●(=土へんに庸)(リ・スヨン)副委員長、李容浩(リ・ヨンホ)外相、努光鉄(ノ・グァンチョル)人民武力相らが同行した。

 中国国営新華社通信も8日、習氏の招請により、金正恩氏が7日から10日までの日程で中国を訪問していると報じた。

 金正恩氏の訪中は昨年の3月、5月、6月に続いて4度目。金正恩氏の宿泊先とみられる北京市内の釣魚台迎賓館周辺は8日、厳戒態勢が敷かれている。

 中朝両国は「一つの参謀部」(金正恩氏)のもとで連携しながら、朝鮮半島の非核化交渉や安全保障問題に対処する方針を確認済みだ。金正恩氏はトランプ米大統領との米朝首脳会談を前に、後ろ盾である中国の習氏と意見調整などを図る必要に迫られていた。

 金正恩氏のこれまでの3回の訪中のうち、特別列車を使ったのは昨年3月の初訪中のときだけで、残りの2回は航空機を使用している。今回、特別列車を利用したことで、天津など北京以外の地域を訪問するとの見方も出ている。

 中国政府は金正日(キム・ジョンイル)総書記時代から北朝鮮に対し、中国式の改革開放政策の導入を働きかけてきた経緯があり、金正恩氏が今回、同政策の成果を視察する可能性も取り沙汰されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ