PR

ニュース 国際

米「航行の自由」作戦に中国抗議 

Messenger
南シナ海の軍艦上で、演説する中国の習近平主席=5日(新華社通信が配信・AP)
南シナ海の軍艦上で、演説する中国の習近平主席=5日(新華社通信が配信・AP)

 【北京=西見由章】中国が「領海」と主張する南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島から12カイリ(約22キロ)内の海域に7日、米海軍のミサイル駆逐艦「マッキャンベル」が中国側の許可なく進入したとして、中国外務省の陸(りく)慷(こう)報道官は同日、「厳正な申し入れを行った」と述べ、米側に抗議したことを明らかにした。

 今回の米軍による「航行の自由」作戦が、7日に北京で始まった次官級貿易協議に影響するかを問われた陸氏は「双方は米中間の問題解決に向けて必要な、良好な雰囲気をつくりだす責任がある」と述べた。

 陸氏は、米軍艦の進入に対して中国側が軍艦や軍機を派遣し、警告を与えて追い払ったと主張。「米国は直ちに挑発行為をやめるべきだ。中国側は引き続き必要な措置をとり、国家主権と安全を守る」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ