PR

ニュース 国際

マレーシア国王退位 療養のはずが…ミス・モスクワと結婚報道、批判

Messenger
マレーシア国王ムハマド5世(AP)
マレーシア国王ムハマド5世(AP)

 マレーシア王室は6日、第15代国王のムハマド5世(49)が同日付で退位したと発表した。理由は明らかにしていない。任期は2016年12月から5年間の予定だった。地元メディアによると、国王の任期途中の退位は初めて。

 ムハマド5世は昨年11月から病気療養を理由に休暇を取り、休暇期間中にロシアで元ミス・モスクワの女性と内々に結婚していたと報じられ、批判が出ていた。

 国王は首相や閣僚の宣誓式を行うなど儀礼的役割を担うが、政治的な実権はほとんどない。13州のうち9州の世襲制スルタン(イスラム王侯)から事実上の持ち回り制で選任される。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ