PR

ニュース 国際

台湾・蔡総統、中国にらみ日本との安全保障協力に期待

5日、総統府で、海外メディアとの会見に応じる蔡英文総統(田中靖人撮影)
5日、総統府で、海外メディアとの会見に応じる蔡英文総統(田中靖人撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【台北=田中靖人】台湾の蔡英文総統は5日、総統府で海外メディアと会見し、中国の習近平国家主席が2日の演説で台湾への武力行使を辞さない姿勢を示したことに対し、「防衛力の構築が重要政策の中でも最優先だ」と強調した。その上で、「台湾の防衛力強化に協力してくれる全ての国とともに努力したい」と述べ、米国だけでなく日本との安全保障協力にも期待をにじませた。

 蔡氏は、習氏が提起した台湾への「一国二制度」適用について「台湾の人々の信任を裏切ることになり、受け入れは不可能だ」と改めて拒否。その理由として、中国は民主体制に欠陥がある▽人権状況が悪い▽台湾への武力行使を放棄していない-の3点を挙げ、国際社会に「台湾へのさらなる支持」を求めた。

 一方、中国発のフェイク(偽)ニュースについて「多くの民主国家が同じ問題に直面している」と述べ、対抗策を講じるため各国と協力したいとの意向を示した。蔡氏は「中国が偽情報を通じて台湾の民主的な選挙に介入している」と指摘。「偽情報は民主主義を破壊する」として、台湾の分析能力や技術を用いた協力を呼びかけた。

 昨年11月の住民投票で、福島など5県産の日本食品の輸入解禁に反対が多数を占めたことには「拘束力はあるが、世界貿易機関(WTO)の精神に従い(日台)双方が受け入れ可能な方法を探したい」と述べた。

 蔡氏が海外メディア限定で会見するのは2016年5月の就任以来、初めて。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ