PR

ニュース 国際

トランプ氏、金正恩から書簡を受領 再び米朝会談へ

Messenger
2日、ホワイトハウスで、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から届いたという書簡を手にするトランプ米大統領(AP)
2日、ホワイトハウスで、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から届いたという書簡を手にするトランプ米大統領(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は2日、今年初の閣議の冒頭、記者団に対し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長から「素晴らしい書簡を受領した」とした上で「そう遠くない将来に金氏との会談を設定する」と述べ、2度目の米朝首脳会談が近く行われるとの見通しを明らかにした。

 トランプ氏は書簡の現物を記者団の前に掲げたが、内容については明らかにしなかった。

 トランプ氏はまた、「金氏とは良好な関係を築き上げた」と強調した。もし自身が昨年6月の米朝首脳会談の実施を決断しなければ、「とてつもない戦争がアジアで起きていただろう」と語った。

 北朝鮮の非核化に向けた交渉が停滞していると指摘される問題に関しては、「非核化がどれだけ迅速に進むかを重視したことはない」と主張し、今は時間をかけて交渉に取り組んでいる状態であるとする立場を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ