PR

ニュース 国際

日本、渡航先1位に 昨年のベトナム労働者

Messenger
日本での技能実習を控え、希望を胸に日本語を学ぶ実習生たち=11月26日、ベトナム・バクニン省(橋本昌宗撮影)
日本での技能実習を控え、希望を胸に日本語を学ぶ実習生たち=11月26日、ベトナム・バクニン省(橋本昌宗撮影)

 ベトナム政府は2日、昨年海外に渡った同国の労働者が14万2860人に上り、国・地域別では日本が6万8737人で首位だったと発表した。日本は2017年まで5年連続で台湾に続く2位だった。

 ベトナムから日本に渡る労働者は14年ごろから急増。昨年の2位は台湾で6万369人、3位は韓国で6538人だった。ベトナムから海外に働きに行った人の数は5年連続で10万人を上回った。

 日本が今年から外国人労働者の受け入れを大幅に拡大させることを巡り、ベトナムは人材の有力な供給元の一つと見込まれている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ