PR

ニュース 国際

韓国国防省が日本に謝罪要求 「事実歪曲するな」

Messenger
海上自衛隊P1哨戒機が撮影した映像の一部=2018年12月20日、能登半島沖(いずれも防衛省提供)
海上自衛隊P1哨戒機が撮影した映像の一部=2018年12月20日、能登半島沖(いずれも防衛省提供)

 【ソウル=名村隆寛】韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、韓国国防省は2日、海自機が駆逐艦に「威嚇的な低空飛行」をしたとして謝罪を求める声明を発表した。

 国防省は「動画で見られたように、韓国軍が当時、公海上で遭難漁船を救助している人道主義的な状況で、日本の哨戒機が低空威嚇飛行をした行為自体が非常に危険な行為だ」と主張。さらに、韓国艦は哨戒機にレーダーを照射していないと強調し「日本はこれ以上、事実を歪曲(わいきょく)する行為を中断し、救助活動中だった韓国艦艇に危険な低空飛行をしたことを謝罪せねばならず、実務協議を進めることを求める」と訴えた。

 また、「動画公開に加え、1日には高位級の人物までがテレビのインタビューで一方的な主張を繰り返したことに深い遺憾を表明する」とも批判した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ