PR

ニュース 国際

「爆弾投下の用意」と冗談 核運用の米戦略軍が謝罪

Messenger

 米国で戦略核兵器を一元運用する戦略軍は12月31日、新年を祝うニューヨーク恒例の年越し行事に関連し、巨大な爆弾を投下する準備があるかのような冗談の書き込みと動画をツイッターに投稿し、謝罪した。複数の米メディアが伝えた。

 戦略軍は、ニューヨーク中心部タイムズスクエアで大みそかのカウントダウンの際に上空からきらびやかな球体が降下する「ボール・ドロップ」を引き合いに「必要に応じ、もっと大きなものを落とす用意がある」と投稿。B2戦略爆撃機から投下された爆弾が地上で爆発する動画も載せた。

 同軍はその後、投稿を削除し「私たちの大みそかのツイートは悪趣味だった。謝罪する。私たちは米国と同盟国の安全保障に力を尽くしている」とのメッセージを掲載した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ