PR

ニュース 国際

中国製造業の景気悪化、2年10カ月ぶり低水準 米中貿易戦が影

Messenger
上海にある洋山深水港のコンテナ港に停泊している貨物船(AP)
上海にある洋山深水港のコンテナ港に停泊している貨物船(AP)

 【北京=西見由章】中国国家統計局は31日、製造業の景況感を示す12月の購買担当者指数(PMI)が前月比で0・6ポイント低い49・4になったと発表した。PMI悪化は4カ月連続。2016年2月以来、2年10カ月ぶりの低水準だった。

 好不況を分ける節目の50を割り込んだのは16年7月以来、2年5カ月ぶり。

 トランプ米政権が中国からの輸入品に追加関税を課し、中国側も報復関税をかけるなど米中貿易戦で輸出入が振るわず、製造業が設備投資や資材調達を縮小したことが影を落とした。

 中国のPMIは、国家統計局が製造業3000社を対象に、今後の生産や調達の計画などを調査。50を上回ると生産や受注の拡大を、下回ると縮小を意味する。

 PMIを構成する項目のうち、輸出向け新規受注の動向を示す指数が46・6で前月比0・4ポイント下落。輸入の指数は同1・2ポイントも下落して45・9に悪化した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ