PR

ニュース 国際

金正恩氏が文大統領に親書「ソウル訪問できず残念…」

30日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から届いた韓国の文在寅大統領宛ての親書(韓国大統領府提供・共同)
30日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から届いた韓国の文在寅大統領宛ての親書(韓国大統領府提供・共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国大統領府は30日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が同日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に宛てた「来年も頻繁に会い、朝鮮半島の平和と繁栄のための論議を進展させよう」と記した親書を送ってきたと発表した。金氏の非核化意志に信頼を示してきた文氏をつなぎ止め、停滞する米国との交渉を優位に進める狙いとみられる。

 大統領府は、金氏は親書で、文氏と約束したソウル訪問の年内実現を期待したが、遂げられず非常に残念だとした上で、今後、状況を注視しながら訪問するとの強い意志を示したと説明した。

 また、文氏と今年、3回会談したことを挙げ、「長い対決構図を乗り越え、民族を軍事的緊張と戦争の恐怖から抜け出させた」と強調。今後の協議で「朝鮮半島の非核化問題も共に解決していく用意がある」とも明らかにしたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ