PR

ニュース 国際

ピラミッド近くで爆弾テロ エジプト ベトナム人ら4人死亡

Messenger
爆弾テロで破壊されたバスを調べる警察官ら=28日、ギザ(ロイター)
爆弾テロで破壊されたバスを調べる警察官ら=28日、ギザ(ロイター)

 【カイロ=佐藤貴生】エジプトの首都カイロ近郊で28日、通行中のバスの近くで爆弾が爆発し、乗っていたベトナム人3人とエジプト人ツアーガイドの計4人が死亡、他のベトナム人の乗客ら少なくとも10人が負傷した。ロイター通信が伝えた。

 現場は世界遺産に登録されているギザの「三大ピラミッド」から数キロの地点。ピラミッドがライトアップされる夜のイベントに行く途中だったとみられる。爆弾は道路脇に仕掛けられていた。

 犯行声明は出ていないが、治安当局は事件を受けてテロリストとされる40人を殺害したと発表した。在エジプト日本大使館によると、邦人の被害は確認されていない。

 エジプトでは、シナイ半島を中心にイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)傘下のグループが活動しており、当局が掃討作戦を展開。テロは沈静化の傾向にあり、最近は外国人観光客を狙った事件は起きていなかった。

 観光業はエジプトの財政を支える主要産業。ムバラク元大統領が退陣した2011年の大規模デモで遠のいた外国人の客足が戻りつつあった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ