PR

ニュース 国際

シー・シェパードが「勝利」宣言 日本の南極海撤退で

Messenger
調査捕鯨船団の「日新丸」に給油しようとしたタンカー(奥)に衝突するシー・シェパードの船=2013年2月、南極海(日本鯨類研究所提供)
調査捕鯨船団の「日新丸」に給油しようとしたタンカー(奥)に衝突するシー・シェパードの船=2013年2月、南極海(日本鯨類研究所提供)

 反捕鯨団体「シー・シェパード」は26日、日本政府が国際捕鯨委員会(IWC)側に脱退通告したことについて、日本は脱退に伴い加盟が条件となっている南極海での調査捕鯨ができなくなるため、歓迎する声明を出した。抗議活動の目的が実現したとして「勝利」を宣言した。

 シー・シェパードは南極海での捕鯨に反対し、2005年からこの海域で日本の調査捕鯨船への妨害活動を行った。声明では「南極海におけるクジラを巡る戦いが終わろうとしている」とし、今後は北極海で監視を強める必要性を強調した。

 団体創設者のポール・ワトソン容疑者=国際手配中=は声明の中で「合法な産業としての捕鯨は終わった。あとは海賊を始末するだけだ」とも主張。「捕鯨海賊国」の日本、ノルウェー、アイスランドへの抗議活動は続けると表明した。

 同容疑者は、日本などの要請で国際刑事警察機構(ICPO)が国際手配している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ