PR

ニュース 国際

徴用工問題は「最後の棘」 韓国専門家の陳昌洙氏インタビュー 法廷闘争の回避訴え

Messenger

 しかし、もし交渉による解決に失敗し、国際司法裁判所(ICJ)などで争う事態になれば、独島(竹島の韓国側名称)や慰安婦の問題にも白黒つけよう-との声が強まる恐れがある。

 日韓では数年ごとに新たな問題が起きる印象があるが、実際には徴用工問題が「最後のとげ」だ。徴用工問題で徹底的に「けんか」をし、双方が、両国の衝突には代償が大きすぎることに気づくのではないかと楽観している。(時吉達也)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ