PR

ニュース 国際

マティス国防長官が辞任 トランプ氏のシリア撤収に抗議か

Messenger
来年2月末に辞任することが分かったマティス米国防長官(AP)
来年2月末に辞任することが分かったマティス米国防長官(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は20日、マティス国防長官が「2月末に退任する」とツイッターで明らかにした。トランプ氏は19日、シリアに駐留する米軍部隊を完全撤収させる意向を表明したほか、20日にはアフガニスタン駐留米軍の大規模撤収にも言及。マティス氏は一連の撤収方針に反対を唱えてきたことから、抗議の辞任であるのは確実だ。

 マティス氏は同日公表したトランプ氏あての辞表で、「大統領は自身の考えに沿った国防長官を任命する権利があり、私が辞任するのが適切だと判断した」と述べ、トランプ氏との国防政策をめぐる見解の相違を理由とした自発的な辞任だと強調した。

 マティス氏はまた、「米国は他国との共同防衛に全ての力を傾注しなくてはならない。(イスラム教スンニ派過激組織)『イスラム国』(IS)支配の象徴の撲滅に向けた74カ国の連合が証左だ」とし、シリアで米軍が果たした役割の重要性を指摘した。

 米政権高官がロイター通信などに明らかにしたところでは、マティス氏は20日、ホワイトハウスを訪れトランプ氏に辞任の意思を直接伝えた。マティス氏はシリアから米軍を撤収させないようトランプ氏を説得しようとしたが、同氏は聞き入れなかったという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ