PR

ニュース 国際

捕虜1万6千人の名簿交換 イエメン、解放手続きへ

Messenger
内戦で破壊された建物の前を歩く人々=11月22日、イエメン北部(ロイター)
内戦で破壊された建物の前を歩く人々=11月22日、イエメン北部(ロイター)

 赤十字国際委員会(ICRC)当局者は19日、ジュネーブで記者会見し、部分停戦が発効したイエメン内戦で当事者双方が計約1万6千人の捕虜らの名簿を交換したと明らかにした。手続きが順調に進めば来月にも解放が開始される予定。

 内戦当事者のハディ暫定政権と武装組織フーシ派の双方は今月、スウェーデン・ストックホルム近郊で開かれた国連主導の和平協議で、信頼醸成手段の一つとして捕虜交換で合意していた。

 当局者によると、名簿はそれぞれ約8千人分で、戦死者なども含まれ、重複もあるとみられるという。今後、捕虜が収容されている施設を赤十字が訪れて面会し、健康状態をチェックする。帰国の意思も確かめた上で、本国に戻す手配をするという。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ