PR

ニュース 国際

トランプ氏、宇宙統合軍の創設を命令 「宇宙軍」への下地

Messenger
演説するペンス米副大統領=18日、米フロリダ州ケープカナベラル(ロイター)
演説するペンス米副大統領=18日、米フロリダ州ケープカナベラル(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は18日、国防総省に宇宙に関連する任務を統括する統合軍の創設を命じた。インド太平洋軍などに続く11番目の統合軍となり、将来は陸海空軍と海兵隊、沿岸警備隊と並ぶ「宇宙軍」に昇格させる。ペンス氏が南部フロリダ州のケネディ宇宙センターで明らかにした。

 ペンス氏は、中国とロシアが宇宙空間の軍事利用を活発に進めていると指摘し、「米国は地球上と同様に、宇宙空間でも優位を確保する」と述べ、中露に対抗していく姿勢を打ち出した。

 宇宙軍に関連する予算は来年2月4日に公表予定の2020会計年度(19年10月~20年9月)の予算教書に盛り込まれる。新たな軍の創設は議会の承認が必要なことから、国防総省としては自らの判断で創設が可能な統合軍を編成し、宇宙軍の創設に向けた下地作りを進める考え。新たな軍は、1947年に空軍が創設されて以来となる。

 トランプ政権は2020年末までの宇宙軍創設を提唱しているが、議会では慎重論も多く、承認を得られるかは定かでない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ