PR

ニュース 国際

中国政府、防衛計画大綱に「強烈な不満」表明

Messenger
18日午前、閣議に臨む岩屋毅防衛相(中央)=首相官邸(春名中撮影)
18日午前、閣議に臨む岩屋毅防衛相(中央)=首相官邸(春名中撮影)

 【北京=藤本欣也】中国外務省の華春瑩報道官は18日の記者会見で、日本政府が新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」などを閣議決定したことについて、「強烈な不満と反対」の意を表明し、日本側に厳正な申し入れを行ったことを明らかにした。

 華氏は、日本側が同大綱などで「中国の正常な国防建設と軍事活動に対し、あれこれ言い、事実ではない批判を行って、中国の脅威を扇動している」と主張。こうした言動は「中日関係の改善と発展にとって利益にならない」と日本を牽制(けんせい)した。

 また、「いずも」型護衛艦の事実上の空母化については、これまでの歴史を背景に「アジアの隣国や国際社会は日本の軍事・安全保障分野の動向を注視している。日本は専守防衛の政策を堅守し、軍事・安保分野で慎重に行動しなければならない」などと注文を付けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ