PR

ニュース 国際

珍獣ハリモグラ2匹誕生 豪シドニーの動物園

Messenger
8月にふ化した2匹のハリモグラ=10月25日撮影(シドニー・タロンガ動物園提供、共同)
8月にふ化した2匹のハリモグラ=10月25日撮影(シドニー・タロンガ動物園提供、共同)

 オーストラリアの最大都市シドニーのタロンガ動物園でハリモグラの赤ちゃんが2匹生まれた。哺乳類ながら卵を産む珍獣で、同国やパプアニューギニアなどにしか生息しない。飼育下での繁殖成功は珍しく、離乳する生後半年以降に一般公開される予定だ。

 ハリモグラは背中一面が針状の硬い毛で覆われ、くちばしのような長い口が特徴。成長すると猫ぐらいの大きさになる。2000年シドニー五輪ではオーストラリアを代表する動物として大会マスコットになった。

 2匹は別々の親から生まれ、いずれも8月にふ化。母親のうち1匹は、うまく乳が出ず、飼育員が手でミルクをあげているという。同動物園での繁殖成功は、ここ30年間では16年に続き2回目。(シドニー 共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ