PR

ニュース 国際

仏銃撃テロ容疑者を射殺 仏内相発表 IS関与主張

Messenger
13日、銃撃テロが起きたフランス東部ストラスブールへの通行を規制する警察官ら(AP)
13日、銃撃テロが起きたフランス東部ストラスブールへの通行を規制する警察官ら(AP)

 【パリ=三井美奈】フランス東部ストラスブール市で11日に起きた銃撃テロで、逃走していたシェリフ・シェカット容疑者(29)が13日、市南部で警察に発見され、その場で射殺された。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)は13日、系列メディアを通じて犯行への関与を主張した。

 カスタネール内相の発表によると、容疑者は13日夜、市南部の路上で見つかった。警察に呼び止められると振り返って発砲し、その場で制圧された。IS声明は容疑者の死亡と前後して明らかになった。容疑者を「ISの戦士」とたたえ、IS掃討に加わった有志連合参加国への攻撃の呼びかけに応じたとしている。

 容疑者は同市のアルジェリア系の移民家族の出身。イスラム過激派として情報当局の監視対象となっていた。ISとの関係は不明。

 仏内務省は13日、この事件で死者は3人になったと発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ