PR

ニュース 国際

仏外相「わが国のことは放っておいてくれ」 トランプ氏のツイッターに反論 

Messenger
フランス国旗を燃やすデモ参加者=8日、パリ(ロイター)
フランス国旗を燃やすデモ参加者=8日、パリ(ロイター)

 【パリ=三井美奈】フランスのルドリアン外相は9日、トランプ米大統領が仏国内で広がる政府への抗議デモに便乗し、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」を批判したことに不快感を示した。

 ルドリアン氏は仏民放テレビで、「トランプ大統領に言いたい。われわれは米国内の議論に口出ししない。だから、わが国のことも放っておいてほしい」と述べた。

 抗議デモは、温暖化対策のための燃料税引き上げが発端だった。トランプ氏は8日、「デモや暴動が仏全土で起きている。国民は環境保護のために多額の金を支払いたくないのだろう」とツイッターで発言し、「パリ協定をやめよ」と主張した。

 仏政府によると、8日のデモには全国で13万6千人が参加し、約2千人が一時拘束された。パリでは車両が放火され、商店が荒らされるなど大きな被害が出た。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ