PR

ニュース 国際

ケリー米大統領首席補佐官が年末で辞任 トランプ氏、大統領選に向け大幅刷新人事断行

Messenger
ケリー米大統領首席補佐官(ゲッティ=共同)
ケリー米大統領首席補佐官(ゲッティ=共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスで記者団に対し、ケリー大統領首席補佐官(68)が年末に辞任すると明らかにした。「向こう1~2日で後任を発表する」としている。後任にはペンス副大統領の首席補佐官を務めるニック・エアーズ氏(36)が有力視されているが、別の人物が暫定的に職務に就く可能性もある。

 元海兵隊大将のケリー氏は昨年1月のトランプ政権発足時から国土安全保障長官を務めた後、同年7月に首席補佐官に就任した。

 トランプ氏はこの日、ケリー氏を「素晴らしい男だ」と称賛したが、実際はホワイトハウスの運営の円滑化に向け大統領に届ける情報を首席補佐官の下に一本化しようとしたケリー氏をトランプ氏が煙たがり、両者の関係は悪化。ワシントン・ポスト紙のボブ・ウッドワード記者の著書「FEAR」によると、ケリー氏は仲間内でトランプ氏を「あほ」「情緒不安定」などと批判し、自身の職務を「これまでの職歴で最悪の仕事だ」と嘆いていた。

 大統領首席補佐官は閣僚級の役職だが、就任に上院の承認は必要ない。

 トランプ氏は11月の中間選挙を受けた態勢の立て直しと2020年大統領選での再選に向け、主要閣僚や政権高官の大幅な刷新人事を断行し、「トランプ色」をより一層前面に押し出そうとしている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ