PR

ニュース 国際

ファーウェイが関連会社使用しイランと取引疑い 孟晩舟容疑者が複数の米金融機関に虚偽説明か

Messenger
カナダ当局に身柄を拘束され、勾留理由を説明する公判に出廷したファーウェイの財務最高責任者(CFO)の孟晩成容疑者=7日、加ブリティッシュコロンビア州バンクーバーの裁判所(ロイター)
カナダ当局に身柄を拘束され、勾留理由を説明する公判に出廷したファーウェイの財務最高責任者(CFO)の孟晩成容疑者=7日、加ブリティッシュコロンビア州バンクーバーの裁判所(ロイター)

 【ニューヨーク=上塚真由】中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟容疑者が米当局の要請によりカナダで逮捕された事件で、カナダ西部バンクーバーの裁判所は7日、孟容疑者の保釈の可否をめぐる審理を開いた。カナダ検察当局は孟容疑者が米金融機関に虚偽の報告を行い、米国の制裁下にあるイランと取引をした詐欺容疑で捜査していることを明らかにした。複数の現地メディアが報じた。

 カナダの検察当局によると、ファーウェイは米国の対イラン制裁に違反し、2009~14年に香港の関係会社「スカイコム」を使ってイランの通信会社と取引を行っていた。孟容疑者はファーウェイとスカイコムの関係が深いにもかかわらず、取引を仲介した米国の複数の金融機関に対し、無関係と虚偽の説明をした疑いがあるという。米当局が8月22日に詐欺容疑で逮捕状を取ったことも明らかにした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ