PR

ニュース 国際

【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(48)「無法乱世」の大韓帝国時代

Messenger

 歴史を知らない韓国人

 韓国の最高裁で、日本企業に対し、元徴用工への賠償を命じるめちゃくちゃな判決が続いている。

 国際社会が認め、合法的に行われた日韓併合を不法と決めつけ、“強制連行”された徴用工への賠償は、昭和40年の日韓請求権協定などで「互いに放棄する」とうたったはずの請求権には含まれない、という国際法をまったく無視した身勝手な言い分。まさしく「無法乱世」の李朝末期や大韓帝国時代へ、“先祖返り”したかのようだ。

 男性は戦後の韓国・李承晩政権の「反日」や今アメリカで広がっている韓国・中国系住民らによる「反日」も経験している。

 「今の韓国人は、日本統治下で『搾取・略奪され、奴隷のように働かされた』と主張するが、アメリカの黒人奴隷や、ヨーロッパ人が南米やアフリカでやったこととは明らかに違う。朝鮮人は『奴隷』などではなかったからです。若い人たちは歴史を知らず、洗脳されてしまっている」

 だが日本は、韓国などに求められるまま理由なき謝罪や金銭供与を行い、「歴史戦」に負け続けた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ