PR

ニュース 国際

台湾・頼行政院長が辞意、総統選出馬の観測も

Messenger

 蔡氏は6日、総統府で取材に応じ、「頼院長は1年以上、緊密なパートナーであり、将来もそうだと信じる」と発言。地元紙、聯合報も6日付で、頼氏の派閥は蔡氏の再選を支持すると報じていた。その直後の辞任表明に、総統府は7日、「総統と院長はお互いの考え方を理解している」とすれ違いの否定に追われた。

 蔡氏は11月24日に党主席を辞任して以降も「前党主席」の肩書で党の地方支部に出向き、次期総統選に向けた選挙態勢の「再建」を訴えている。来年1月6日の党主席選で蔡氏に近い人物が当選した場合、蔡氏の再選出馬の可能性は高まるとみられていたが、頼氏の辞任表明で不確定要素が増した形だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ