PR

ニュース 国際

徴用工判決先送り疑惑、韓国最高裁元判事2人の逮捕状を棄却

Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵(パク・クネ)前政権下で最高裁の所属機関「法院行政所」がいわゆる徴用工訴訟に介入し、判決を遅らせた疑惑で、ソウル中央地裁は7日未明、行政所の所長を務めた朴炳大(ビョンデ)、高永●(=金へんに日の下に干)(コ・ヨンハン)両元最高裁判事に対し、検察が職権乱用の疑いなどで求めた逮捕状請求を棄却した。

 審理の先送りは、日韓関係の悪化を懸念した朴前政権の意向をくんで行われたとされる。検察は既に行政所前次長を逮捕・起訴するなどし、当時の梁承泰(ヤン・スンテ)最高裁長官の関与も視野に捜査しているが、今回の棄却が影響する可能性がある。

 地裁は6日に朴、高両元判事を出頭させ、逮捕状発付の可否を審査した結果、「共謀関係の成立に疑問の余地があり、逮捕の必要性を認めるのは難しい」などと判断した。審査でも2人は容疑を否認したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ