PR

ニュース 国際

ロシア国防省「口先だけの偉業」 米の「航行の自由」作戦を揶揄

Messenger

 【モスクワ=小野田雄一】米海軍の駆逐艦がロシア極東ウラジオストク沖で「航行の自由」作戦を実施したと米側が発表したことに対し、ロシア国防省は6日、「米軍は、北朝鮮近海から日本へと向かう日常的な航行を(今回は)示威行動だと名付けた。口先だけの偉業だ」などと揶揄した。インタファクス通信が伝えた。

 同省はまた、米駆逐艦はロシア領海まで100キロの距離にさえ近づかなかったとした上で、「米国の駆逐艦はロシア太平洋艦隊の艦船と航空機により監視され、コントロールされていた」との見解を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ